現代の飼い犬

昔から家庭で動物を飼っているという人は多く、中でも飼い犬としての犬は大人気です。
飼い犬といえば、一昔前ですと番犬として、玄関先で家を守る為に飼われているという形が一般的でしたが、現在は屋内飼いであまり吠える事の少ない愛玩犬が主流となっています。

番犬としての役割が大きかった頃に重宝されていた、知らない人が来ると吠えるという性質を持った犬は、現代の都会ではあまり歓迎されなくなってしまいました。
飼い犬を番犬とする考え方は、現代社会に合わなくなりつつあります。
よく吠える飼い犬は吠えないよにしつけをされますし、たくさん吠えてしまう飼い犬は飼い主の悩みの種にもなり、ご近所とのトラブルにもなりかねません。

現代は、人懐っこくあまり吠えない事が飼い犬に求められています、室内飼いにうれしい体が小さくかわいらしい雰囲気の犬が好まれています。
犬種により性格も違いますので、しつけのしやすさや吠えやすさなど性格を参考にして選ぶ事もできます。

運動の量やお手入れのしやすさもポイントです、運動量の多い犬は運動をさせてあげる必要がありますし、室内飼いの場合は抜け毛の多い犬種ですとお手入れに気を配る必要もあります。

しかし、いくら時代が変わっても飼い主と飼い犬の関係で今も昔も変わらずに必要な事は、主従関係です。
甘やかしてしまうのは飼い主にとっても飼い犬にとっても良くない事です。
主従関係が成り立っていない場合は、きちんと飼い主が上の立場である事を教えましょう、しつけもしやすくなります。

Copyright © 2014 飼い犬との関係 All Rights Reserved.